性感染症(STD)について:性感染症(STD)のことなら上野クリニックにお任せください。




梅毒は、スピロヘーターという細菌の一種である梅毒トリポネーマに感染することで起こる感染症です。

症状のない潜伏期間と症状の現れる顕在期間が交互に現れ、症状が現れる度に深刻化します。

梅毒の症状

第1期
梅毒に感染後、3週間ぐらいで性器周辺に痛みのないシコリが出来たり、
太ももの付け根のリンパ腺が腫れたりしますが、数週間で自然に消えてしまいます。

第2期
放置して3ヶ月くらい立つと全身に痒みも痛みもない発疹があらわれます。
発熱・頭痛・だるさ等の症状もあらわれます。

また、バラの花びらをまき散らしたようなバラ疹が全身にあらわれたり、
かたく盛り上がったあずき状の赤色のイボが肛門や性器周辺、手足・顔などにあらわれます。

第3期
さらに放置している内に跡形もなく消えますが、
3年ほど経過すると全身にかたいシコリがあらわれ、表面が崩れやすい潰瘍をつくります。
一般的にいわれる「鼻が落ちる」がこの時期で、ゴム腫が鼻骨にでき鼻骨が崩れた症状です。

病原体が骨を冒しはじめると激しい痛みで眠れない日が続くこともあります。

第4期
10年以上経過すると脳や脊髄が侵されはじめます。

すでに末期症状でやがて死にいたります。

梅毒の対処法

梅毒は早期の発見と治療が大前提ですが、
遅くとも第二期の症状の間に治療することが絶対条件です。

治療は数週間から数ヶ月間の抗生物質の服用や注射を用います。

梅毒はセックスによって感染します。
少しでも梅毒の危険性があればセックスは絶対に避けるようにしてください。

梅毒の治療費の目安

検査費 診察費 薬代
¥10,000 ¥2,000 ¥10,000(1週間分)※1

※1 処方の分量等により薬代には個人差があります。

※ 性病の潜伏期間や治療日数には個人差があります。あくまでも目安です。

【梅毒の情報を見た人はこんなページも見ています】

上野クリニックの性病治療

性病感染は放っておいても治らない病気です。専門医による一刻も早い治療をおすすめします。

上野クリニック(性病科)で性病治療を受けるメリット

 
15ヵ所で治療可能! 土日も開院しています!
男性スタッフによる24時間対応! 保険証に履歴が残りません!

上野クリニックの性病治療

性病感染は放っておいても治らない病気です。専門医による一刻も早い治療をおすすめします。




カウンセリング予約はこちら メール相談はこちら