年齢とED

徳川家康は、66歳で健康な男子を誕生させたと言います。
しかし、一般的にED(Erectile Dysfunction)の症状は
加齢とともに出てきます。
高齢になると男性ホルモンの分泌が少なくなり、
EDになりやすくなります。
また、年齢を重ねるにつれて増える
糖尿病、高血圧、動脈硬化などの生活習慣病は、
血液の流れや神経に障害を及ぼし、EDの原因になります。
でも大丈夫。
例えば、80歳を超えていても健康上問題がなければED治療は可能です。
いくつになっても充実したSEXライフを送りたい。
そんなあなたはあきらめずに相談してください。


≪   前の記事へ EDの基礎知識一覧 次の記事へ  ≫
【このページを見た人はこんなページも見ています】

上野クリニックでED治療を受けるメリット

15ヵ所で治療可能! 土日も開院!
男性スタッフによる24時間対応!



カウンセリング予約はこちら メール相談はこちら