包茎手術のご案内:包茎手術のことなら上野クリニックにお任せください




  1. 上野クリニック
  2. 包茎とは。包茎の種類について徹底解説

包茎とは。包茎の種類について徹底解説

イラスト

男性はある一定の年齢になると、包茎(ペニス)先端部の皮膚、すなわち陰茎皮膚が陰茎の付け根の方へ後退して亀頭が露出するようになります。しかし何らかの原因で大人になっても包皮が亀頭を覆ったままの状態になることがあります。これが「包茎」です。

包茎3つの種類

ひとくちに「包茎」と言っても3種類あり、症状もそれぞれ異なります。まずはご自分の亀頭部分にかぶっている包皮をむいてみてください。正常である場合以外は、下記のような種類に当てはまると考えられます。

仮性包茎
仮性包茎のイメージ もっとも多い包茎のタイプで、平常時は包皮が亀頭を覆っています。手でむくと亀頭を簡単に露出させることができます。勃起するとほとんど亀頭が自然に露出する正常に近い仮性包茎から、勃起してもほとんど皮を被ったままの重度の仮性包茎まであります。
カントン包茎
カントン包茎のイメージ 平常時には亀頭をどうにか露出させることはできます。しかし包皮の出口が狭いため、無理にむいたりすると、包皮口が亀頭の根元を締めつけ元に戻すことができなくなることがあり、さらには大きく腫れてしまうこともあります。
真性包茎
真性包茎のイメージ 包皮口が非常に狭い、または亀頭と包皮が癒着を起こしている等の理由から、平常時でも手でむくことができません。亀頭が常に覆われているため、亀頭の成長を阻害し、いわゆる先細りのペニスになってしまいます。正常なセックスは不可能で、早期の手術が必要です。

画像で見る自分の包茎タイプ

ここでは包茎の画像を使って包茎のタイプをご紹介しておりますので、自分の包茎がどのタイプなのかをまずは画像で確認してみてください。

仮性包茎

勃起するとほとんど亀頭が自然に露出する軽度の仮性包茎の画像から、勃起してもほとんど皮を被ったままの重度の仮性包茎の画像まで、仮性包茎の画像をご紹介します。

カントン包茎

無理にむいた結果腫れてしまったカントン包茎の画像までをご紹介します。

真性包茎

真性包茎は、亀頭と包皮の癒着や包皮の出口が非常に狭いなどの理由から、平常時でも手でむくことができないことが特徴です。平常時の真性包茎の画像から、勃起時の真性包茎の画像までをご紹介します。

上野クリニックの包茎手術

カウンセリングから施術、術後のアフターケアまであなたの悩み解決を全力でサポートします。

安心!上野クリニックの包茎手術

ひとつウエノ男になるまでの5つのステップ

包茎手術の流れへ

  1. Step1 無料カウンセリング予約
  2. Step2 ご来院
  3. Step3 無料カウンセリング
  4. Step4 施術
  5. Step5 アフターケア

上野クリニックの包茎手術

豊富な手術実績、業界最大手の上野クリニックが
あなたのお悩みにお答えします。

WEBから予約・相談する

上野クリニックの包茎手術

包茎手術 料金表

上野クリニック10+2の安心

包茎トピックス
包茎治療には適齢期がある!?
包茎治療に年齢制限はありません。 60歳でも70歳…
包茎は、みんな早漏?
「包茎は早漏!」とよく言われますが、 それは、包茎…

包茎トピックス一覧へ


 

カウンセリング予約はこちら メール相談はこちら