包茎手術・治療のことなら東京上野クリニックにお任せください


包茎手術・包茎治療について|上野クリニック

温泉で包茎は恥ずかしい?包茎を治療するメリットや手術方法について解説!

温泉で包茎は恥ずかしい?包茎を治療するメリットや手術方法について解説!

温泉や銭湯などでの裸の付き合いは、多くの男性にとって楽しいリラックスタイムです。しかし、包茎の人にとっては、これが大きなストレスになることがあります。この記事では、包茎とは何か、その種類、そして包茎の人が抱えがちな悩みについて詳しく解説し、温泉での恥ずかしさを感じないための対処法や包茎治療のメリット、手術方法などについて紹介します。

包茎の基本事項

包茎の基本事項

ここではまず、包茎の概要と種類、包茎の人が抱える悩みについて説明します。

包茎とは

包茎とは、亀頭が包皮によって完全または部分的に覆われている状態を指します。成人男性でも包茎の方は多いですが、その程度や種類には個人差があります。産まれた時、ほぼ全ての新生児が包茎なのは、包皮がデリケートな亀頭を擦り傷などから守る機能を持っているからです。包皮は成長に伴い自然に剥けやすくなっていきます。そして成人になると、包茎の状態が解消されると考えられがちですが、実際には多くの日本人の成人男性が、勃起していない状態では亀頭が包皮に覆われているといわれています。

包茎の種類

包茎には、真性包茎、仮性包茎、カントン包茎という種類があります。

  • 真性包茎
    真性包茎とは、包皮の開口部が狭く、亀頭の露出が全くできない状態を指します。真性包茎では勃起しても包皮が亀頭を覆ったままになり、性行為を行うことが困難になります。さらに、真性包茎では包皮内部を清潔に保つことも困難なため、衛生的な問題が起きやすいです。細菌が亀頭や包皮に感染しやすくなり、皮膚炎や不快な臭いを引き起こす原因にもなります。これらの細菌が尿道内に侵入し、尿路感染症や膀胱炎のリスクを高める可能性もあります。
  • 仮性包茎
    仮性包茎とは、通常時の陰茎では亀頭が包皮に包まれているものの、手で容易に包皮を剥いて亀頭を露出できる状態のことをいいます。勃起時に亀頭が自動的に露出する場合と、勃起しても包皮が亀頭の一部を覆っている場合があり、この違いには個人差があります。包皮を剥くことに痛みはなく、手を離すと包皮が徐々に亀頭を覆います。通常時は亀頭が包皮に覆われているため恥垢が溜まりやすく、衛生的な問題や細菌感染のリスクが高まることがあるため、注意が必要です。
  • カントン包茎
    カントン包茎とは、包皮を剥いた際に締め付けられる感覚を伴う陰茎の状態のことを指します。通常時には比較的簡単に包皮を剥けますが、勃起時に包皮を剥こうとすると痛みを伴うことがあります。無理やりに包皮を剥くと、亀頭の基部が締め付けられ、包皮が正常な位置に戻らなくなり、腫れ上がってしまう場合があります。

包茎の人が抱える悩み

包茎の人は、公共の場で裸になることや性行為について悩みを抱えることが多いです。
特に性行為に関しては、性行為中に包皮が亀頭を覆ったままになってしまうため、快感を得られにくくなります。パートナーに与えられる快感が減少してしまう場合もあり、性的な自信を失ってしまう場合もあります。

温泉で包茎は恥ずかしい? 対処法を解説

温泉で包茎は恥ずかしい? 対処法を解説

前述したように包茎の方は温泉などの公共の場で裸になることに悩みを抱えていることがあります。ここでは、温泉や銭湯などの陰茎を晒すシーンにおいて、包茎の方が恥ずかしくなくなるための対処法について解説します。

見栄剥きをする

見栄剥きとは、包茎であることを他人に気付かれたくない場合に、一時的に包皮を剥いて亀頭を露出させる行為のことをいいます。衛生面や機能性を目的にして行うのではなく、主に他人に包茎であることを隠すために行います。見栄剥きをするシーンには、温泉や銭湯での入浴時や、性的な関係を持つ際にパートナーの前で裸になる時などがあります。

包茎手術をする

包茎手術とは、余分な包皮を取り除く手術のことをいいます。常に包皮が剥けている状態を望む真性包茎やカントン包茎の方、排尿時や性行為時に障害を感じる方、また、仮性包茎でも包皮の余りが多い方、将来そのような問題が起こる可能性が高い方に推奨される手術です。また、包皮を無理に剥き、元に戻せなくなった状況では、緊急の手術が必要となる場合があります。このような状態をそのままにしておくと、陰茎の壊死など重大な問題を引き起こすリスクがあるため、速やかに医療機関を受診しましょう。

包茎を治療するメリット

包茎を治療するメリット

包茎を治療することで、下記のようなメリットが得られます。

ペニスの見た目に関する悩みがなくなる

包茎を治療することで、自分のペニスの見た目に関するコンプレックスを解消することができます。温泉や銭湯などで裸の付き合いがあるシーンでも、自信を持って行動できるようになります。

ペニスの臭いが解消される

ペニスを清潔に保つことができるようになるため、不快な臭いを解消することができます。日々のペニスの洗浄が容易になり、陰部の清潔さを保つことが可能になります。

早漏が改善が期待される

包皮に覆われている亀頭は刺激に対して過敏になるため、包茎の方は早漏に悩んでいる方が多いです。包茎を治療することで、性行為の際の刺激に対する耐性が高まり、早漏が改善する可能性があります。それにより性行為の質も向上するため、パートナーとの関係性もより良好になることが期待できます。

陰毛の絡まりがなくなる

陰毛が包皮に絡みつく回数が少なくなるため、痛みや不快感、皮膚の損傷のリスクが低減します。日常生活をより快適に過ごすことができるようになるでしょう。

性病にかかる可能性が低くなる

ペニスを衛生的に維持しやすくなるため、性病に罹患するリスクを抑えることができます。包茎の方は恥垢が溜まりやすく、それが炎症や感染の原因となりますが、清潔さを維持することでペニスの健康を保つことが可能になります。

温泉でペニスを堂々と見せるための包茎手術

温泉でペニスを堂々と見せるための包茎手術

包茎を治療するメリットがよくわかったところで、実際の包茎治療の手術がどのように行われるのか、その方法や費用などについて説明します。

包茎手術の方法

包茎手術では、余分な包皮を切除して、包皮に覆われている亀頭を露出させます。手術では、仕上がりがきれいになることと、患者さんが受ける痛みを少なくすることが重視されます。痛みを軽減するための麻酔に配慮し、患者さんごとの状態に合わせて、自然な仕上がりを実現してくれるクリニックで手術を受けるようにしましょう。

包茎手術にかかる時間

包茎手術を提供する専門クリニックでは、手術所要時間は一般的に約30分とされていますが、これはあくまで基準の時間であり、手術方法や麻酔の種類によって実際の時間は異なる可能性があります。もちろん、カウンセリングや術後の説明などの時間もありますので、そのあたりの考慮は必要です。

包茎手術の治療期間

包茎手術に要する全体的な期間は、受診するクリニックによって異なります。前述したように手術の実施時間は通常30分程度で、それ以外にカウンセリングとアフターケアの期間が加わります。クリニックによっては、カウンセリングを受けたその日に手術が可能な場合もあるため、具体的なスケジュールはクリニックに直接問い合わせることをおすすめします。ナイロン糸による手術を受けた場合には抜糸のために通院しなければなりませんが、術後に入院する必要はありません。ほとんどのケースでシャワーは手術の翌日から可能で、完全な入浴は約2週間後から行えるようになります。

包茎手術なら上野クリニックに相談を

東京上野クリニック上野本院 受付

ここまで、包茎の方が温泉で恥ずかしさを感じないための対処法や包茎治療のメリット、包茎の手術方法などについて説明してきました。最後に、安心を重視した治療を提供している上野クリニックの包茎治療について紹介します。

親切・丁寧な無料相談とカウンセリング

上野クリニックでは、親切かつ丁寧な無料相談とカウンセリングを提供しています。施術方法や術後のペニスの状態、アフターケアから支払い方法まで、さまざまな疑問に対する説明を通じて、患者さんの治療に対する不安を解消しているそうです。

審美性と機能性を重視した施術法

上野クリニックでは、包茎手術を受ける患者さんのために自然な仕上がりを追求しており、「複合曲線作図法」という独自の手術技術を使用しています。この手法では、患者さん一人ひとりの包皮の状態に応じて切除線を亀頭の直下に配置し、傷跡が亀頭の傘の部分に隠れるように工夫し、その結果、見た目が自然な仕上がりになるように配慮されているそうです。

充実のアフターケア体制

上野クリニックでは、手術後にも無料の電話相談が用意されていて、患者さんの術後ケアに注力しているそうです。全国に15ヵ所ある上野クリニックのどこででも、包茎手術後の再診やアフターケアを受けることが可能です。

まとめ

本記事では、包茎とはどのようなものかとその種類、そして包茎の人が抱えがちな悩みについて解説してきました。温泉での恥ずかしさを感じないための対処法や包茎治療のメリット、手術方法などについて理解し、包茎に悩まれている方が治療を検討する際の参考になりましたら幸いです。

【参考サイト】

【包茎手術】についてはこちら

この記事の監修医師

堀瀬忠直院長

東京上野クリニック上野本院院長

堀瀬 忠直

経歴

  • 1993年 山梨大学医学部卒業
  • 1993年 山梨大学麻酔科入局
  • 1995年 青梅市立総合病院勤務
  • 1996年 東京上野クリニック入職
  • 1997年 東京上野クリニック上野本院院長
  • 2019年 ウエノスキンサポート名古屋医院院長
  • 2021年 東京上野クリニック上野本院院長