包茎手術・治療のことなら東京上野クリニックにお任せください


【包茎治療コラム 4】 包茎の問題について

包茎とは

包茎には3つの種類があります。
1番多いタイプの包茎が平常時や勃起時も亀頭を露出させることが可能ですが、包皮の余りが多い状態を仮性包茎と言います。
勃起するとほとんど亀頭が自然に露出する正常に近い軽度の仮性包茎から、勃起してもほとんど皮を被ったままの重度の仮性包茎まであります。

仮性包茎の中には、包皮の先端部分(包皮口)が狭くなっているタイプがあります。この場合、平常時は亀頭をどうにか露出させることができますが、無理にむいたりすると、包皮口が亀頭の根元を締めつけ元に戻すことができなくなることがあり、さらには大きく腫れてしまうこともあります。
このように腫れて包皮を元に戻せなくなった状態をカントン包茎といいます。

包皮の先が狭く、平常時でも手で亀頭を露出できない状態を真性包茎といいます。

包茎の問題

真性包茎は、医学的に治療をした方が良いです。内部が洗えないため不衛生で、悪性腫瘍などのリスクも高めてしまいます。医学的に治療、手術が必要なため、見た目を気にしなければ、一般病院で保険適用もあります(当院は保険適応の範囲外となります)。
また嵌頓包茎は、無理やり剥いて戻せなくなった状態であり緊急性がある疾患なのですぐに病院を受診しましょう。一方、仮性包茎は、通常時は被っても、勃起時に剥けて、締めつけなど感じない状態です。つまりスルスル手で剥いたり戻したりできる状態です。この場合は医学的には、毎日お風呂で清潔に洗っていれば、仮性のままで問題なく、直接的に何かの病気になることはありません。

ただし、匂いが気になるとか、早漏で悩んでいるなど、個人によって悩みは人それぞれです。また、気持ちの問題というか、自信が持てないという方も多いのです。
例えば友人・知人などと温泉などで裸になる場合や女性との性行為の場合など、なかなか自信をもつことが難しくと感じる方もいます。
美容的に手術して完治した後、自信が持てるようになったという感想を頂くことが多いですね。このように、もし悩んでいるなら包茎手術も一つの解決案です

◎ 監修者プロフィール

氏名:吉江 秀和(ヨシエ ヒデカズ)

担当:上野本院

役職:院長

カウンセリング予約はこちら メール相談はこちら