包茎手術・治療のことなら東京上野クリニックにお任せください


【医師が監修】包茎手術後に注意すべきことは?日常生活に戻れるまでの期間の目安

包茎手術後に注意すべきことは?日常生活に戻れるまでの期間の目安

包茎手術後に注意しなければならないことは何なのでしょう?

包茎手術後に、シャワーやトイレはすぐに普段通りに行えます。しかし、入浴は2週間程度、スポーツや性行為・マスターベーションなどは3~4週間はガマンしなくてはなりません。

この記事では、包茎手術後の日常生活における注意点、上野クリニックで受けられる包茎手術後のケア、および上野クリニックの包茎手術の流れについてご紹介します。

【項目別】包茎手術後の日常生活における注意点

それでは最初に、包茎手術後の日常生活における注意点を項目別に見ていきましょう。ただし、術後の経過には個人差があるために、以下に示す期間などはあくまでも目安となります。

入浴

手術をした当日は、シャワー、入浴ともに控えなくてはなりません。

シャワーについては、原則として翌日から浴びることができます。ただし、術後の経過によっては翌々日からにした方が良い場合もあります。

術後2~3日は、シャワーを浴びる際に施術部(傷口)が水に濡れないように注意しましょう。

入浴については、経過が良い人については2週間程度で可能となります。

トイレ

包茎手術後は、ペニスに包帯を巻くことになります。ただし包帯は、ペニスの先端部分には巻かないため、排尿などは通常通り行うことができます。

包茎手術後に排尿すると、尿が飛び散ることがあります。したがって、男性用の便器などを使用するのではなく、洋式トイレを使用するのが望ましいでしょう。

スポーツ

包茎手術後3~4週間は、激しい運動を控えなくてはなりません。激しい運動を術後すぐに行うと、傷口から出血するなどして仕上がりに悪影響が出るおそれがあります。

包茎手術を受けてしばらくのあいだは安静に過ごしましょう。

性行為・マスターベーション

性行為・マスターベーションについては、包茎手術を受けてから3~4週間は控える必要があります。「縫合している糸が残っているあいだは行わない」ことが目安となります。

そのほかに、生理現象でペニスが勃起する場合もあるでしょう。生理現象による勃起については手術後すぐでも問題はありません。

上野クリニックで受けられる包茎手術後のケア

上野クリニックでは、包茎手術後に万全なアフターケアを行います。どのようなアフターケアが受けられるのかを見てみましょう。

包茎手術後の傷跡や痛みのケア

上野クリニックのアフターケアは、傷跡や痛みに対するものがあります。

上野クリニックでは、すべての患者様に対して消毒液や包帯、化膿止め、痛み止めなどを処方しています。術後に包帯の巻き方もレクチャーしますので、わざわざ通院しなくても自分でケアすることができます。

もちろん、自分で包帯を巻くのが難しかったり面倒だったりする場合には、通院して巻き替えをすることもできます。

包茎手術後の心のケア

上野クリニックのアフターケアは、患者様の心のケアも行います。

包茎手術は、十分に説明を受けてから行った場合でも術後に不安を抱えることもあります。上野クリニックでは、24時間いつでも無料相談を受け付けています。術後の経過が不安な場合は、電話やメールで相談することができます。

上野クリニックの包茎手術の流れ│予約~術後まで

ここで、上野クリニックで包茎手術を行う際の、予約から術後までの流れを見てみましょう。

無料カウンセリング予約

包茎手術に当たっては、最初に無料でのカウンセリングを行います。上野クリニックの診察やカウンセリングは完全予約制となっていますので、包茎手術を検討している場合にはホームページや24時間フリーダイヤルで予約します。

来院

来院したら、身分証などによる本人確認をします。また、カルテを作成するために必要な受付票(問診票)などの書類を記入します。

カウンセリング

カウンセリングでは、まず初めにカウンセラーより当日の流れが説明されます。もし治療に対する不安や悩みなどがある場合には、担当医師に対して遠慮なく相談することができます。

担当医師は、診察を行って状態を把握します。また、診察の結果をもとに適切な治療法を提案します。

医師による提案に納得できた場合には、カウンセリングの当日に施術を受けることもできます。

手術

担当医師が執刀し、手術が行われます。手術に要する時間は40~50分程度です。局所麻酔が使用されるため、手術後はすぐに帰宅することができます。

上野クリニックの包茎手術は、「美しい仕上がり」と「痛みを抑えた最先端の麻酔システム」が特徴です。

美しい仕上がり

上野クリニックの包茎手術の仕上がりが美しいのは、第1に「複合曲線作図法」を採用しているからです。

複合曲線作図法とは、患者様それぞれの皮の余り具合に合わせ、切除線を亀頭直下に設定したものです。傷跡が亀頭の傘の下に隠れるために、手術したことが目立たない自然な仕上がりになります。

また、手術に使用される器具や用具を適切に使い分け、ていねいな手作業を行うことも、上野クリニックの仕上がりが美しい理由としてあげられます。

切開のための器具についても、皮膚の構造が異なるペニスの部位によって使い分けます。縫合糸も、美容形成用のもっとも細いものを使用します。手作業でていねいに止血しながら行うために、上野クリニックの包茎手術は手術中の出血量が少ないことも特徴です。

痛みを抑えた最先端の麻酔システム

包茎手術を受けるとなると、「痛み」が不安な方は多いでしょう。手術そのものについては、麻酔を施して行いますので痛みは基本的にありません。しかし、麻酔の際に注射針が刺さるときの「チクリ」とした痛みでも、イヤだと思う人は多いのではないでしょうか。

そこで上野クリニックでは、麻酔の際には最初に皮膚の感覚を鈍らせる施術を行います。その後、細い針でていねいな麻酔を施すことにより、麻酔の際の痛みもできるだけ抑える治療を行っています。

手術後

手術後は、抜糸のために通院が必要となる場合がありますが、入院は不要です。全国に15カ所ある上野クリニックでアフターケアを受けることができます。

包茎手術は上野クリニックで相談してみよう

以上で見てきたように、包茎手術後に日常生活に戻るまでには、ある程度の時間がかかります。仕上がりに悪影響を及ぼさないためには、3~4週間程度は安静にして過ごす必要があるでしょう。

包茎手術を検討する場合には、カウンセリングを受けてみることがおすすめです。最適な治療の提案を受けられますし、不安や疑問を相談することもできますので、手術に対する自分自身の考えが明確になるでしょう。

上野クリニックのカウンセリングは無料です。また、スタッフは全員男性ですので安心して来院することができます。

◎ 監修者プロフィール

氏名:河村 悦宏(カワムラ ヨシヒロ)

担当:新潟医院

役職:院長、医療法人社団上伸会 理事長

カウンセリング予約はこちら メール相談はこちら