包茎手術・治療のことなら東京上野クリニックにお任せください


【医師が監修】包茎の意味とは?男性器の悩みを早めに解消して女性との交際に自信を

包茎の意味とは?男性器の悩みを早めに解消して女性との交際に自信を

包茎の意味を知りたいと思う人は多いでしょう。

包茎には、真性包茎、仮性包茎、およびカントン(嵌頓)包茎の3種類があり、真性包茎とカントン包茎は早期の手術が望ましいといえます。仮性包茎は、必ずしも手術の必要はありませんが、いろんなデメリットがあるので手術を受ける方も多いです。

この記事では、包茎の種類と手術の必要性、包茎手術を受けるメリット、および上野クリニックで受けられる包茎手術についてご紹介します。

包茎の種類と手術の必要性

それでは最初に、包茎の種類と手術の必要性について見ていきましょう。

包茎の種類

包茎の種類は、真性包茎と仮性包茎、カントン(嵌頓)包茎の3つに分類されます。

真性包茎

真性包茎は、平常時および勃起時ともに包皮をむくことができず、亀頭が露出することが全くないタイプの包茎です。炎症をくり返すことにより、包皮と亀頭が癒着しているケースもあります。

亀頭が常に包皮に覆われているために、不衛生になりやすく、雑菌の繁殖による炎症をくり返すことにより、亀頭と包皮が癒着する危険性があります。

通常であれば、陰茎の成長にともなって亀頭を露出できるようになります。成人以降も包皮をむくことができない場合は、真性包茎の可能性があります。

仮性包茎

仮性包茎は、平常時に包皮が亀頭を覆っているタイプの包茎です。包皮を手でむくことができ、勃起時には自然にむける人も多いでしょう。

仮性包茎手術を受けるメリットは、早漏や衛生面の問題を改善できる可能性があることが第一にあげられます。また、仮性包茎であるためにペニスの見た目にコンプレックスがある場合には、手術を受けることによってコンプレックスが解消されることもあるでしょう。そして、性交渉に対して前向きに考えられるようになるかもしれません。

真性包茎やカントン包茎と比較すれば症状は軽いといえ、痛みをともなうことも稀です。日本人の成人男性に最も多いタイプの包茎です。

カントン(嵌頓)包茎

カントン包茎(嵌頓包茎)は、包皮の先端が狭く伸展性が低いタイプの包茎です。包皮を無理にむいてしまうと、包皮口が亀頭の根元を締めつけ、亀頭部分がうっ血するおそれや、包皮に裂創ができる可能性があります。

うっ血した状態が続いた場合、亀頭が壊死する危険性があります。性交渉の際に意図せずに包皮がめくれてしまうことがあるため、注意が必要です。

包茎の中でも重症度が高いといえます。

包茎手術の必要性

包茎手術の必要性は、包茎の症状によって異なります。

真性包茎およびカントン包茎については、早期の手術が望ましいといえます。放っておくと、日常生活やペニスの成長などに悪影響をおよぼす可能性があるからです。

特に、真性包茎における亀頭と包皮の癒着や、カントン包茎のうっ血は、そのままにしておくとペニスに深刻な悪影響をおよぼす危険があります。

それに対して仮性包茎は、必ずしも手術が必要なわけではありません。ただし、早漏の解消や見た目のコンプレックスの改善を目的として手術を受ける人もいます。

また、仮性包茎は陰茎が包皮で覆われているため、細菌やほこりなどが溜まりやすく、臭いだけでなく、性感染症などの感染症にもかかりやすくなります。

包茎手術を受けるメリット

包茎手術を受けるメリットにはどのようなものがあるのでしょうか? 包茎手術のメリットは、性生活のコンプレックス解消や衛生面の改善などがあります。

性生活のコンプレックス解消

包茎手術を受けるメリットは、性生活におけるコンプレックスを解消できることがまずあげられます。

包茎の場合には、性行為の際に陰茎部分が締めつけられて、苦痛をともなうことがあります。これは主に、真性包茎とカントン包茎に見られる症状です。また、カントン包茎の場合には、性交渉によって意図せず包皮が反転してしまい、カントン包茎に陥ってしまう危険があります。

性交渉の際に苦痛や危険をともなうことが続くと、性交渉に対してどうしてもネガティブなイメージを持つこととなります。コンプレックスを感じるようになり、異性との交際に消極的になってしまう人もいます。

そのような場合には、包茎を治療することで性交渉についての悩みが解消され、前向きになれる可能性があります。また、包茎を治療することにより早漏の改善も期待できます。

衛生面の改善

包茎手術を受けることは、衛生面の改善が期待できることもメリットです。

包茎は、包皮や亀頭から出た垢である「恥垢(ちこう)」がたまりやすいため、不衛生になりがちです。特に、真性包茎とカントン包茎の場合には、たまったカスが酸化して悪臭を放つことがあります。また、不衛生になることで菌が繁殖しやすくなり、性病などの感染症にかかるリスクもあります。

性病は、パートナーに移してしまうリスクもあります。包茎手術を行うことで、これらの悪影響やリスクを低減することができます。

上野クリニックで受けられる包茎手術

ここで、上野クリニックで受けることができる包茎手術について見ていきましょう。

上野クリニックの包茎手術は、「仕上がりが美しい」ことが特徴としてあげられます。「複合曲線作図法」(美容包茎手術)を採用し、切除ラインが亀頭の傘の下に隠れるようにするための美的曲線と、ペニスの重要器官をきちんと残すための機能的曲線を組み合わせて作図しますので、手術の傷跡が目立ちにくくなります。

実際の施術についても、ペニスの部位によって切開器具を使い分け、縫合糸にも気を使うことにより、傷跡が残りにくく出血量も少なくなるように行います。

また、上野クリニックの包茎手術は、できるだけ痛みを抑えて行うことも特徴です。

包茎手術自体は、麻酔を施して行いますので痛みを感じることは基本的にありません。ただし、麻酔の際に注射針が「チクリ」とする痛みもイヤな人は多いでしょう。

上野クリニックでは麻酔を行うに際し、まず皮膚の感覚を鈍らせる施術を行い、そのうえで、細い針で丁寧な施術を施します。それにより、麻酔の痛みを極力感じないよう配慮しています。

上野クリニックの包茎手術の、手術法と手術の費用は以下の通りです。

包茎手術(ナイロン糸)

*特徴

ナイロン糸を使用した施術です。手術法は、環状切開術となります。

*費用
72,000円。

手術の費用は、包茎の種類(仮性包茎、カントン包茎および真性包茎)によらず変わりません。

包茎手術(吸収糸)

*特徴

吸収糸を使用し、抜糸の必要がない施術です。手術法は、環状切開術となります。

*費用
100,000円。

手術の費用は、包茎の種類(仮性包茎、カントン包茎および真性包茎)によらず変わりません。

*特徴
よりきれいな仕上がりを目指す方のための施術です。

*費用
110,000円~600,000円。

包皮の状態により、費用には個人差があります。また、行う施術の項目によって費用が変わります。

包茎のことは上野クリニックに相談してみよう

包茎手術の必要性は、包茎の症状によって異なります。真性包茎およびカントン包茎の場合には、日常生活やペニスの成長などに悪影響をおよぼすおそれがあるため、手術を受けることが望ましいといえます。

包茎手術を受けるかどうか迷っている場合には、専門クリニックでカウンセリングを受けてみましょう。カウンセリングでは、担当医師によって診察を受け、適切な治療法の提案を受けるとともに、疑問や不安などを相談することができます。

上野クリニックでは、カウンセリングを無料で行っています。丁寧な施術とアフターケアにより、患者様の悩みの解決を全力でサポートします。

◎ 監修者プロフィール

氏名:河村 悦宏(カワムラ ヨシヒロ)

担当:新潟医院

役職:院長、医療法人社団上伸会 理事長

カウンセリング予約はこちら メール相談はこちら