包茎手術・治療のことなら東京上野クリニックにお任せください


【医師が監修】カントン包茎は治る?手術を検討するときのポイントと費用の例

カントン包茎は治る?手術を検討するときのポイントと費用の例

カントン包茎は、厄介な包茎です。そのままにしておいても、改善することはなく、ひどくなると包皮が元に戻らなくなる可能性もあります。放置すると重症化することもあるため、治療したいものですが、「カントン包茎は本当に治るのか」、「手術は痛くないのか」、「キレイに仕上がるのか」、「一体、費用はどのくらいかかるのか」など、不安を抱えている方も多いでしょう。そこで、カントン包茎の根本的治療の手術について詳しく見ていきましょう。

カントン包茎の基礎知識

嵌頓包茎とは,包皮輪が狭いのに、包皮を剥いたまま放置したあるいは、無理に剥いてしまった結果、リンパ浮腫をきたし,元に戻らなくなった状態です。

カントン包茎(嵌頓包茎)とは?

カントン包茎とは、包皮の先端部分、つまり包皮口が狭いため、亀頭や陰茎が圧迫されて元に戻らない状態の包茎のことを言います。

カントン包茎がもたらすリスク

カントン包茎をそのまま放置すると、さまざまな支障をきたすことがあります。

包皮口が狭く伸縮しませんから、包皮が亀頭を強く締め付け、亀頭が血行不良を起こしたり、無理に締め付け部分をむくことで陰茎が圧迫され、亀頭部分がうっ血してしまうおそれもあります。

ペニスや亀頭が腫れてしまい、包皮を元に戻せなくなることもありますので、早期の治療が求められます。

カントン包茎手術を検討するときのポイント

しかし、生死にかかわるような大がかりな手術ではなくても、身体にメスをいれることに変わりありませんから、いろいろな不安が生じるものです。そこで、カントン包茎手術を検討するときのポイントを詳しく見ていきましょう。

症状に気付いたら早期に治療を受ける

カントン包茎は、仮性包茎や真性包茎と比べても重い症状で、放っておくと炎症や悪臭を引き起こす可能性があります。症状に気付いたら、早めに治療を受けることが望ましいとされています。

技術力に定評のある上野クリニックのカントン包茎手術

上野クリニックは、すべて自費診療となり、公的保険の適用範囲外となります。嵌頓包茎は一般泌尿器科で保険適応もあります。

カントン包茎手術は、亀頭下を環状に切開することで、亀頭が自然に露出するようにする手術です。

手術をには痛みを伴うのか、キレイに仕上がるのか、また費用は適切かなど、不安は多々あるでしょう。

上野クリニックでは、無料でカウンセリングを行っており、患者様のお悩みやご要望をお聞きし、患者様の包茎の状態・ご予算・ご要望などを加味した上で、実際に行う治療の方法を提案しています。

上野クリニックの包茎手術の詳細

・当院の治療は、すべて公的保険の適用範囲外となります

包茎手術(ナイロン糸)

ナイロン糸を使用する環状切開術です。手術費用は72,000円(消費税別)となり、カウンセリング、アフターサービス料は無料となっています。

包茎手術(吸収糸)

吸収糸を使用した環状切開術です。手術費用は100,000円(消費税別)となり、カウンセリング、アフターサービス料は無料となっています。

美容治療手術

美容治療が目的の場合は、費用は110,000 ~600,000円(消費税別)となりますが、包皮の状態によって料金は違います。また、亀頭増大や早漏防止につきましては、使用量やヒアルロン酸のタイプにより料金は変動します。
上野クリニックでは、他院での施術による修正手術も行っており、料金は150,000円(消費税別)となり、この場合は、診察料2,000円が別途必要となります。

確実性・安全性の観点からも手術がおすすめ

包茎治療は、病院で行う以外に、矯正器具を使ったものもありますが、効果に個人差があり、確実性・安全性の面からいっても不適切な場合があります。

無料のメール相談・24時間電話相談・無料カウンセリングを行っておりますのでご相談ください。

包茎は目に見えない部分でありながら、男性にとっては、精神的な部分にまで影響する悩みにもなり得ます。カントン包茎は、状態が悪化することがあるため、重症化する前に治療を考えてみてはいかがでしょうか。

カウンセリング予約はこちら メール相談はこちら