包茎手術・治療のことなら東京上野クリニックにお任せください


【包茎治療コラム 1】包茎の種類によってはオトコのコンプレックスの問題だけにとどまらない。

今、包茎治療を考えるシニア世代が増えてきている。

「いつか治そう」と思いながら放置し続けているうちに、いつの間にか40代が過ぎてしまった・・・そんな男性は多いのではないでしょうか。

一般的に包茎は「若者の悩み」とされていますが、性感染症や不衛生など包茎の弊害は年齢に関係ありません。 しかも、今のミドル・シニア世代は若々しくまだまだ現役という方も多くいらっしゃいます。

中高年の方でも、女性を喜ばせたいという理由から治療をする方も数多くいらっしゃいますが、将来、ご自身が入院した場合や介護が必要になったときのために治療する方もいらっしゃいます。

また、中高年になると体の皮膚がたるむように、一般的に包皮もたるんでしまいます。このような原因でもともと剥けていた人でも、中高年になってから包茎になってしまう方もいらっしゃいます。

麻酔技術で痛みの軽減と自然な仕上がりは経験と技術がものをいう包茎治療

そうは言っても男性のデリケートな部分だけになかなか治療に踏み切れない理由のひとつに、「痛いのでは?」と不安を感じて、治療を敬遠してしまう人も多いでしょう。

しかし、当院の麻酔は、最大限に痛みを軽減するために、技術を磨き続けた結果、手術中、痛みの少ない麻酔を行っています。
手術後もすぐに痛み止めを飲んでもらうため、麻酔が切れる時には飲み薬の痛み止めが効き、手術後も痛みの少ないよう最大限配慮しています。

また、27年の経験で培った経験と技術で、クランプ式などの器具を使わず、すべて手作業による自然な仕上がりが可能です。
包茎手術は、見た目を気にしなければ、一般的などの病院でも単純な手術で受けることができます。一方、当院の特徴は、長年の技術と症例経験による、自然な見た目を徹底的にこだわった『美容を考えた包茎手術』を得意としています。

治療時間は40~50分で、出血は少なく治療が終わればそのまま歩いて帰宅でき、翌日にはシャワーを浴びることも可能です。
個人差はありますが、2週間後に抜糸。約4週間後にはセックスも可能です。

電話相談からカウンセリング、治療にいたるまでのすべてを男性スタッフが対応するため女性に見られることもなく、 完全予約制なので、待合室などで他人と顔を合わせることもありません。

電話相談は年中無休で24時間対応しており、何か不安なことがあればいつでも相談できます。

最後に、包茎治療のカウンセリングは無料で行っていますので、 お気軽にご相談ください。

◎ 監修者プロフィール

氏名:吉江 秀和(ヨシエ ヒデカズ)

担当:上野本院

役職:院長

カウンセリング予約はこちら メール相談はこちら